読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lp6m’s blog

いろいろかきます

UnityのShaderLabでわからないこと

分からないことのメモなので、解決策があれば教えてほしいです。

半透明だけど輪郭は色が濃くなるようなシェーダを書いた。

球体のオブジェクトに割り当ててみた。
Sceneビューでは見えるんだけど、Gameビューでは見えない。
他のマテリアルを割り当てるとGameビューで見えるのに、自分でかいたシェーダを使ったマテリアルだと、Gameビューでなにも表示されない。
f:id:lp6m:20150926160602p:plain

なんでこんなことになるんでしょうか・・・・誰かおしえてください。 @まで。

夏休みが始まってた

夏休みの目標

・独習C#読み切る
・競技プログラミングの勉強すこしする(DPとグラフ周り一通りやりたい)
・10月の応用情報技術者の勉強(間に合うの
・運転免許をとる

最近GTAとバイトしかしてないのやばい

そういえばゲームのアプリも休講情報のアプリも手元ですこし動いて全然完成させてない

結局アプリはUnityで作ろうと思ってる(cocos-2dxしんどい)

おわり

Xcodeでテキストファイルを読み込めないときの解決策

全然たいしたことじゃないのにこれで結構時間くうことあるのと、日本語でググってもなかなかヒットしなかったのでメモ。

XcodeでCとかC++を書いていて、コードが間違っているわけではないのに、ファイルを読み込めないときがある。

    FILE *fp;
    char *filename = "load.txt";
    if ((fp = fopen(filename, "r")) == NULL) {
        fprintf(stderr, "%sのオープンに失敗しました.\n", filename);
        exit(EXIT_FAILURE);
    }else{
        printf("成功!!\n");
    }

解決策

①Product->Scheme->Edit Scheme...を選ぶ.
f:id:lp6m:20150804131530p:plain
②OptionタブのUse Custom Working Directoryをオンにして、読み込みたいテキストファイルがあるディレクトリを選択.
f:id:lp6m:20150804131535p:plain
動きました。

終わり。

英語で調べたらすぐでてくるんだけど。これの通りです。stackoverflow.com

何回か同じ処理を繰り返すタイプの探索 AOJ1174同色パネル結合

あんまり自分で解いた問題をここに書くことはないけどメモとして。

自分は初めてアルゴリズムっぽいアルゴリズムを勉強したのは、迷路の問題
C: 幅優先探索 - AtCoder Beginner Contest 007 | AtCoder

幅優先探索深さ優先探索はかける。いや深さは迷路だとかけるのに他になるとあれ??再帰呼び出しはどこにかけばいいんだ?再帰がストップする部分はどこにかけばいいんだ?となってしまう。

さて、
1回の試行で選択肢がk個かあって、その試行をn回かするタイプの問題で、単純にk^n回調べればいい問題がある。nが問題で決まっている場合はn重ループをかけばいいんだけど、ダサいのでちゃんと再帰で書く。

再帰しまくりになるとスタックサイズがデカくなって死んでしまうらしい。回避方法はよくしらないので困ってから考えることにする。

0と1をn個ならべるときの全ての場合の列挙

たとえばn = 3のときは000, 001, 010, 011, ... 111というように並べたい.

#include <bits/stdc++.h>
using namespace std;
#define REP(i,n) for(int i=0;i<(int)(n);i++)

int S[10];
int n;
void rec(int k){
	if(k == n){
		REP(i,n) cout << S[i] << " ";
		cout << endl;
		return;
	}
	rec(k+1);
	S[k] = 1;
	rec(k+1);
	S[k] = 0;
}

void makecombination(){
	REP(i,n) S[i] = 0;
	rec(0);
}

int main(){
	n = 5;
	makecombination();
}

イメージはなんか、S[k] = 1;でk文字目を1に変更してrec(k+1);で再帰するんだけど、再帰して次の場合を考えるときにはその変更はなかったことにしたい、だからS[k] = 0;する、みたいな感じ。

0からp未満の数字をn個ならべるときの全ての場合の列挙

void rec(int k){
	if(k == n){
		REP(i,n) cout << S[i] << " ";
		cout << endl;
		return;
	}
	rec(k+1);
	REP(i,p){
		S[k] = i;
		rec(k+1);
		S[k] = 0;
	}
}

これも同じようにかける。なんかこう、樹形図をイメージしていくとわかる(自分用のメモなので樹形図は略、ノートに書いた)

同じようにしてAOJ1174 同色パネル結合を解いた。

#include <bits/stdc++.h>
using namespace std;

#define FOR(i,a,b) for(int i=(int)(a);i<(int)(b);i++)
#define REP(i,n) for(int i=0;i<(int)(n);i++)

int h,w,c;
int data[100][100];
int dx[4] = {-1,0,1,0};
int dy[4] = {0,-1,0,1};
int ans;

int check(int grid[100][100]){
	int issearched[100][100] = {0};
	issearched[0][0] = 1;
	int cnt = 1;
	queue<int> qx,qy;
	qx.push(0); qy.push(0);
	while(!qx.empty()){
		int x = qx.front(); int y = qy.front();
		qx.pop(); qy.pop();
		REP(i,4){
			int nx = x + dx[i]; int ny = y + dy[i];
			if(nx > -1 && ny > -1 && nx < h && ny < w && issearched[nx][ny] == 0){
				issearched[nx][ny] = 1;
				if(grid[nx][ny] == c){
					cnt++;
					qx.push(nx); qy.push(ny);
				}
			}
		}
	}
	return cnt;
}

void change(int col,int grid[100][100]){
	int issearched[100][100] = {0};
	queue<int> qx,qy;
	qx.push(0); qy.push(0);
	int stcol = grid[0][0];
	grid[0][0] = col;
	while(!qx.empty()){
		int x = qx.front(); int y = qy.front();
		qx.pop(); qy.pop();
		REP(i,4){
			int nx = x + dx[i]; int ny = y + dy[i];
			if(nx > -1 && ny > -1 && nx < h && ny < w && issearched[nx][ny] == 0){
				issearched[nx][ny] = 1;
				if(grid[nx][ny] == stcol){
					grid[nx][ny] = col;
					qx.push(nx); qy.push(ny);
				}
			}
		}
	}
}

int solve(int n,int grid[100][100]){
	int bgrid[100][100];
	REP(i,h) REP(j,w) bgrid[i][j] = grid[i][j];

	if(n == 4){/*終了条件*/
		change(c,grid); /*最後は1つでも多くしたいので色はc*/
		ans = max(check(grid),ans);/*結果を更新*/
	}else{
		REP(i,6){
			change(i,grid);
			solve(n+1,grid);
			REP(i,h) REP(j,w) grid[i][j] = bgrid[i][j];	//パネルの状態をもどす
		}
	}
	return ans;
}

int main(){
	while(1){
		cin >> h >> w >> c;
		if(h==0) break;
		c--;
		ans = 0;
		REP(i,h) REP(j,w) cin >> data[i][j];
		REP(i,h) REP(j,w) data[i][j]--;
		cout << solve(0,data) << endl;
	}
}

solve()の中が深さ優先探索。たぶんICPC2015模擬国内予選のC問題も同じように(1回の試行で9通りの選択肢があって、それを5回する)書ける。

ICPC2015国内予選に参加しました

ICPC2015国内予選に参加しました. 去年はKMC(京大マイコンクラブ)の競技プログラミング練習会に参加していたメンバーと参加したけどレベルが違うので今年は2回生の情報学科の人たちで出た.
記念にメモ.
※去年の参加記 2完: LP6m メモ ICPC予選に参加してきました

結果は3完、90位/316チーム.
ACM-ICPC 2015 国内予選順位表

A問題 開始11分

forループで試すだけ.焦って問題文の意味がとれなくて時間がかかった.

#include <bits/stdc++.h>
#define REP(i,n) for(int i=0; i<(int)(n);i++)
#define FOR(i,a,b) for(int i=(int)a; i<(int)(b);i++)
#define ll long long
int m,nmin,nmax;
int data[200];
using namespace std;
int main(){
	while(1){
		cin >> m >> nmin >> nmax;
		if(m == 0) break;
		REP(i,m) cin >> data[i];
		
		int ans =0;
		int anss = nmin;
		FOR(i,nmin,nmax+1){
			if(ans<=abs(data[i-1]-data[i])){
				ans = abs(data[i-1]-data[i]);
				anss = i;
			}
		}
		cout << anss << endl;
	}
}

B問題 開始24分

これも試すだけ.一発でサンプルが通ったので嬉しかった.
実はこのとき29位くらいにいた気がする.

#include <bits/stdc++.h>
#define REP(i,n) for(int i=0; i<(int)(n);i++)
#define FOR(i,a,b) for(int i=(int)a; i<(int)(b);i++)
#define ll long long
using namespace std;

int n;
int w[50];
int ans = 0;
int test[5] = {5,7,5,7,7};
bool solve(int gyo){
	int nowgyo = gyo;
	int testpos = 0;
	int nowac = 0;
	for(;;){
		if(nowac < test[testpos]){
			if(nowac+w[nowgyo] > test[testpos]){
				return false;
			}else{
				nowac += w[nowgyo];
				nowgyo++;
				if(nowac == test[testpos]){
					nowac = 0;
					testpos++;
				}
			}
		}
		if(testpos==5) return true;
	}
}

int main(){
  while(1){
	cin >> n;
	if(n==0) break;
	REP(i,n) {
		string tmp;
		cin >> tmp;
		w[i] = tmp.size();
	}
	
	REP(i,n){
		if(solve(i)) {
			ans = i;
			break;
		}
	}
	cout << ans+1 << endl;
  }
  

}

C問題 開始131分

逆ポーランド法みたいなやつだからスタックつかえばいけるとわかって実装したけどWA.
ドットの数が減るのは数字のあとしかないと考えていたがそうではなかったので訂正するもWA.

この辺で開始70分くらいでは???っていいながらダウンロードしたテストケースを手で解いていた。ほとんどあってて意味わからんっていってチームみんなで笑ってた。3問とかないと・・って思ってた。

デバッグしてたらとてつもないミスに気付いた. スタックに数字と記号を積んでいたのだが、+と*を10と100で代用していた(入力が0から9までしかないから大丈夫と思い込んでいた)計算途中で10,100になるケースで死んでいることに気付いた. -10, -100にしたら通った.

#include <bits/stdc++.h>
#define REP(i,n) for(int i=0; i<(int)(n);i++)
#define FOR(i,a,b) for(int i=(int)a; i<(int)(b);i++)
using namespace std;

long long int n;
stack<long long int> st;

void mydebug(){
	return;
	stack<long long int> st2 = st;
	while(!st2.empty()){
	if(st2.top()==-10) cout <<'*' <<':';
	 else if(st2.top()==-100) cout <<"+ : ";
	 else cout << st2.top() << ":";
	st2.pop();
	}
	cout << endl;
}

void calcstack(){
	vector<long long int> array;
	long long int enzansi;
	mydebug();
	while(!st.empty()){
		long long int elem = st.top();
		st.pop();
		if(elem==-10||elem==-100){
			if(elem == -10) enzansi = 0;
			else enzansi = 1;
			break;
		}else{
			array.push_back(elem);
		}
	}
	long long int ans;
	if(array.size()!=0){
		if(enzansi==0){
			ans = 1;
			REP(i,array.size()) ans*=array[i];
		}else{
		  ans = 0;
		  REP(i,array.size()) ans+=array[i];
		}
		st.push(ans);
	}
	mydebug();
}

int main(){
	while(1){
	  long long int pcnt = 0;
	  long long int oldpcnt = 0;
	  while(!st.empty()) st.pop();
	  cin >> n;
	  if(n==0) break;
	  REP(i,n){
	  	string tmp;
		cin >> tmp;
		pcnt = 0;
		while(1){
			if(tmp[pcnt]!='.'){
				break;
			}else{
				pcnt++;
			}
		}
		long long int num;
		long long int a;
		if(tmp[pcnt]=='*'){
			a = -10;
		}else if(tmp[pcnt]=='+'){
			a = -100;
		}else{
		  num = tmp[pcnt]-'0';
			a = num;
		}
		if(oldpcnt > pcnt){
			REP(j,oldpcnt-pcnt)calcstack();			   
		}
		st.push(a);
		oldpcnt = pcnt;
		mydebug();
	  }
	while(st.size()!=1) calcstack();
	  cout << st.top() << endl;
	}
}

あとは適当に遊んでいた.

今年の問題はどうやら難しくて差がつきにくかったっぽい.予選突破したチームおめでとうです〜〜〜

来年は4問ときたいです!!!
1ヶ月後の試験 is 何って感じだ.

AVのタイトルをマルコフ連鎖のプログラムにかけた

深夜に思いついて1時間くらい遊んだだけの話。もっとGTAのMODをビルドした話とかXamarinでアプリつくってる話もあるけどめんどくさいので書かない.

適当にスクレイピングしてAVのタイトルをダウンロードする
rubyはしらないのでCっぽいのでてきとうにgoogleruby whileとかruby for ってしらべてかいてるのでてきとう。

マルコフ連鎖のプログラムにかけて何回か表示するここを参考にした.

AVのタイトルは比較的短いものもあれば長いものもあるので、分けてみた.
エラーもでることあるけどとりあえず何回か実行した結果

長いタイトルの場合

短いタイトルの場合

あんまりうまくいかなかった。いろんな種類がありすぎるし、もともとのデータをなんらかの方法で絞れば良さそう。
頑張ったらおもしろくなるかもしれないし、だれかやってみて

・・・・オマ○コ航空・・・

何もしてない

最近してること
・cocos2d-xを利用したアプリの開発を放置した
・KMCの部費を払った
QRコードのフォーマットについてかなり詳しめにしらべた
履修登録を誤ってドイツ語を3回生まで持ち越すことになった
・UnityのチュートリアルをこなしてVTKフォーマットを読み込むものを書いてる
・競技プログラミングの勉強を少しやりなおしている
ヤフオクでPCを売った
・Unite2015Tokyoに行って刺激を受けた
・後輩のためにビデオメッセージをつなげて編集をした
・ネカフェに初めて行った
Grand Theft Autoのストーリーを一通りクリアした
・でーと
・かぞくのあれこれ クソ

高校までは数学大好きで割と得意だったのに数学大嫌いになってそろそろパソコン弄らないほうの勉強しないといけなくなったので進捗度合いをここに書くことにしようとおもった 高校卒業からなにも知識増えてないのヤバすぎでは そろそろ大学の教科書に文句言って避けるのはやめないといけないらしい

f:id:lp6m:20150511000658p:plain


おしまい。